サクセスラボ代表 弘子ラザヴィが UpdataNOW21 で登壇しました

サクセスラボ代表の弘子ラザヴィが、ウイングアーク1st主催の UpdataNOW21 で登壇しました。

 

UpdataNOWとは、年に一度、さまざまなゲストを招いて「データでビジネスをアップデイトする」をテーマに議論する、ウイングアーク1st主催のビジネスカンファレンスです。2021年10月、コロナ禍のためオンラインで、3日間にわたり開催されたUpdataNOW21は、実に登録者 14,000人、総視聴者 40,000人が参加しました。

 

弘子ラザヴィは「働き方DX」がテーマの3日目に登壇。同日の基調講演と並び「注目セッション」として紹介され、数多くの方に視聴いただきました。主催者の快諾を頂き、アーカイブを公開します。

 

 

お題

日本企業のDXはカスタマーサクセスから

 

内容

前半:プレゼン Netflixの事例

①顧客理解を深める
● ポイント1 コンシューマサイエンス
● ポイント2 4種類のデータソース
● ポイント3 評価ウィザード
● ポイント4 無関係なノイズデータは無視
● ポイント5 意識させずにとるデータ

②人を動かす
● ポイント1 マッチング精度を上げる
● ポイント2 楽しめる映画を増やす
● ポイント3 世界ブランドを構築する

③事例のまとめ

④Netflixからの学び
● (1)Customer Obsession/カスタマー起点
● (2)カスタマーサクセス/who起点の経営

⑤学びのまとめ

後半:久我温紀氏との対談

● 事例ふりかえり

● 事業の変貌(DX)

● カスタマーサクセスの展望

● カスタマーサクセス実践者への助言

● さいごに

 

参考:登壇中に紹介した動画

▼コマツ流カスタマーサクセス

 

『カスタマーサクセス・プロフェッショナル』原著者が語る執筆秘話

 
(以上)

 

YOU MAY ALSO LIKE

書籍『カスタマーサクセス経営』2022年7月発売(...

READ MORE

NRR120%を超えるカスタマーサクセスの極意;営...

READ MORE